So-net無料ブログ作成
検索選択

使いづらい新人 [丁稚居候時代]

パラオのAショップに転がり込んだ私。

かなり能天気にパラオに戻れたことを喜んでいましたが
そんなに世間は甘くなかった・・・。

まず、つまずいたのは・・・
初めての年下の上司。

今まで勤めていたところはすべて年上が上司だったが
そこに居た2人の日本人はどちらも私より5歳以上年下。
私は年のことは全く気にしないで丁稚にいそしんでいたのですが
やはり彼らの方が使いにくかったんじゃないかと思います。

そんな気持ちもなんとなく理解できたので
なるべく上司を立てるようになるべく口を挟まずにいました。


ある日、上司YがSに

『フリソデエビって一体何食べたるんだろう?』

と聞いていました。

Sの答えは

『え~?プランクトンかなんかじゃない?』

『でもさあ・・・・』




(そんなのヒトデに決まってるジャン?)

声に出したいけど出せない。


しばらく2人で話していたのですが埒が明かなかったので


『あの~・・・ヒトデだと思います。 アオヒトデやジュズベリヒトデを食べるって聞いたことあります』


言ってしまった。

一気に場がしらけてしまったのは言うまでもない。







数日後


『マルチカラーって一体どこに居るんだろう?』


『さあ、すごい深いんじゃない?』


『じゃあ、他のショップの奴らって危険なんだな・・・・・』


『きっとそうだよ』



ここでも私の正直さが・・・・

『あの・・・ブルーホールの奥に居ますよ』
(もちろん、DDでの情報)


『なんで知ってるんだよ』

このあと詰問にあうのであった・・・。





また、当時Aショップはパラオの中ではどちらかと言うと
村八状態のショップでした。
(今は・・どうかな?)
上級者スポットであるパラオを
初心者でも大丈夫!とうたってライセンス取立てのダイバー
他店では真似できないような超安値のツアーで集めていた。

普通、初心者のうちはショップのクオリティとかは関係なく
とにかく安ければ・・そして初心者でも大丈夫と言われれば
必ずそのショップを選ぶわけです。

ですから他のショップがほとんどゲストがいない時でも
20人・30人とゲストが来るんですよね。

ゲストのいないショップはつぶれてしまいそうなところもありましたから。


初心者がいっぱいとなると・・
レンタル器材やウェイトが非常に沢山入用になる。

・・・ショップのものだけでは足りなくなるんです。


そう言うとき、普通回りのショップとかにお借りするものなんですが
何しろ村八状態。
貸してもらえないわけですよ。


上司が困っている訳ですから私もどうにか力になりたい。
それで、以前働いていたDDに直接行って話しをすると

『いいよ。持っていきな。 お前も大変だなあ~』

とあっさり貸してくれました。


DDに貸してもらいました~


と報告すると、


え?あ、ほんと。それは良かった



信じられないと言う顔でした。




そんなことが続いたある日
2人が話しているのを聞いてしまった。



大西ってDDのスパイなんじゃない?

気をつけたほうがいいよ







・・・・・・・・・。


今でも解らない。
なぜスパイになるのだろうか?

逆に魚の場所だの、生態だの・・・・
DDに教えてもらったことをここで話しているわけだから
DDから見たらスパイと言われても仕方がないけど
どう考えたらAのスパイになるんだろ?

・・・と今更言ったところで何もかわらないけど。


要は使いづらい新人だったのだろう。



そんなこんなで平穏な日々が・・続くわけがない(笑)





nice!(0)  コメント(0) 

返り咲きパラオ [丁稚居候時代]

随分、時間が空いてしまいました。

気が向いたのでパラオの続き開始です(笑)

お待たせしました!!




ビザが切れてとうとう日本に戻ってきた私。

親には叱られるわ・・・
お金も仕事もないわ・・・

いいことなし。



いいことは・・・沢山のパラオの思い出(臭~)



しかもかなり後ろ髪引かれている思い出と
現実の自分。
もちろん、現実に戻ろうなんて思わない。


なけなしの金でダイビング雑誌を買う。

もちろん目的は『求人広告』
すでに石垣のときにこの求人広告はあまりあてにならない
と言うことは学習していたのだけれど
そんなことは構っていられない。
パーセントの可能性にかけて・・・

その時募集していたのが

『A・・・』
(いつも募集している気がする??)

とりあえず電話をした。


バラオに3ヶ月いたことを伝えると・・・・

即OK


かなり・・・あっけなかった。

その後、どうやらそれまでにいたAのスタッフがどっかり辞めてしまって
人員不足に陥っていることを元Aのガイドから聞いた。

彼が言うには・・・
あそこの安全管理はひどい。集客・営業方針、すべてが気に入らない
ただ、パラオに居たいという理由ならあれもありだと思うけど
真面目にダイビングの仕事をしたいなら薦めない。


う~ん・・・・・


当時の私は

『とにかくパラオに居たかった』



あまり考え込まずにパラオに返り咲きしました。



よほどスタッフが足りなかったのでしょう。
Aは当時のパラオとしては破格の条件。

スタッフ用賃貸アパート1人1室(電気代・水道代込み)
移動用車1人1台
給料・・・US$1500

かなり貯金できました(笑)


仕事はきつかったですよ。
石垣の時と同じくらい。

朝6時オフィス集合(朝食はりんご1個、車を運転しながら)
ボートの準備(2・3艇)
タンクの準備(50~60本)
ゲストの器材出し
お弁当準備
飲み物の氷買出し
ゲストのお迎え
ゲストの振り分け(各ボートに)
レンタル器材・ウェイトあわせ

*パラオ人は出発直前まで来ないので
  ここまでの作業を日本人3人でやらなくてはいけない

ボートが出発すると休憩。
30分はぐったりしてしまう。

ダイビング
昼食
ダイビング
寄り道
ショップに到着

器材おろし
ブログ付け
ゲスト送り
器材片付け
明日の準備

夜は宴会!?
(あ、これは自分が好きでやってたんですが・・)

深夜着のゲストミーティングで空港へ
ショップへ帰りレンタル器材のチェック

就寝1:00位。




あの頃は出来た・・・

若かったから(笑)


これだけのことをやっていれば
ブログのネタにはしばらく困らない(笑)

明日から暴露しますよ~!!
(気持ちはあるけど、休んじゃったらごめんなさい:笑)



nice!(0)  コメント(0) 

我以外皆我師 [思い出話]

高校の先生が私に贈ってくれた言葉です。

我以外皆我師

自分以外の人を皆尊敬して敬えと言う意味だと思っていました。
多分本当にそうなのかも知れません。

今日何故かこの言葉が頭に浮かんで離れません。
寝ようと思っても何故か寝られないほど。

 

今日は楽しかった。
そしてうれしかった。

BOXで久しぶりに飲んだんですが、今回はブログに
『自分へのご褒美でマッタリ飲もうと思う』
としか書かなかったのに十数人も来てくれた。
そして皆で楽しく、本当に楽しく飲むことが出来た。

わざとらしいとかうそっぽいとか思われるかも知れないけど
本当にうれしかったし感謝の気持ちで眠れない。

在庫になりつつあったシルバーもすべて皆さんに買っていただき
どうやらこの数ヶ月の赤字もどうにかなったような気がする。

我以外皆我師という意味には程遠いかも知れないけど

私以外の人、皆に感謝をしなければいけないって
しみじみ感じました。

酔っ払っているから余計こんなふうに思うのかも知れないけど
本当に感じたこの気持ちを残しておきたくてメモしたくて
こんな真夜中に眠れずに書いています。

 

私は幸せ者です。

 

本当に今日まで嫌なことや苦しいことがあったけど
それも今の自分にとって本当に大切なことだったって思います。

ほんと、我以外皆我師。

今だこの年になっても自分自身がよくわからなくて
ふらふらしてばかりですが、応援してくれる人もいるし
いい経験を与えてくれる人もいる。

自分を見直しながらがんばらなくちゃと思います。

(いまさらですけど)

 

私はほんとに幸せ者です。

 


今年の目標

『怪我や病気を克服し、これから出来ることをしっかり考える』

来年の目標

『とりあえず、日本人として平均水準の生活が出来るような仕事の仕方を確立する!?』

いつまでも皆さんに甘えてばかりじゃいけないですから。
インドネシアの水準で安心していちゃ駄目ですよね(苦笑)

今日は・・いや、昨日はある意味感謝と出発の日だった気がします。


・・・・・・何をどうしたいの?私??

 

とりあえず宣言しちゃったのでしらふになったら
冷静に考えてみるぞ!おおお!!!!

 

今日は本当にありがとうございました。
この気持ち忘れないようにがんばります。

 

我以外皆我師。


nice!(0)  コメント(8) 

ビブレ君!お願い(涙) [バリ時代]

おととい、ビブレ君が行方不明になった。

朝、いつものように

サトミサ~ン グドモーニー

とたどたどしい英語で挨拶をして行ったのは覚えている。

 

 

10:00頃ダイブセンターに行くと
ドアや窓はしっかりオープン
(すべて開ける様に教えている)

よしよし。ちゃんとやってるね。
ビブレさ~ん!何処?マナ??


呼んでみるが返事が無い。

 

???おかしい。。。

 

 

しばらくするとセキュリティが来てこう言った。


ビブレはムンジャンガンに行った。



????・・・・っは??


スノーケリングのゲストと一緒にムンジャンガンに行った。
ゲストがインドネシア語がわからないからヘルプしに行った。



・・・・っは?


ビブレだって英語は話せない。
ま、セキュリティーに比べれば挨拶くらいは出来るけど・・。



フロントオフィスオーダー


いや、彼が行きたいと言って出発直前にボートに乗っていった。




 

・・・・はああああ?

 

要は今まで行きたくてもいけなかったムンジャンガン。
今日はガイドがつかないことを知って
(ガイド無し撮影のみのディスカウントゲストだった・・)
それを理由に自分がムンジャンガンへ
行きたかったらしい。

・・・。

そう言えば似たような話

前にも何度かあったなあ・・・。

(参照)思い出メモ:デラワン時代 ガイドの心得アシスタント編
     まあ、あの賢いANDYでも・・・・なんだから・・・・・はあ。

 

帰って来たビブレ君。

帰って来たとたんにマネージャーから大目玉。

ちょっとかわいそうだけど
仕方が無いよね。

何しろ社会のルールを何も知らない。

そうやって社会人が出来て行くのだから・・・。
(・・って子供も居るいい大人なんだけどね:笑)

 

 

・・・とここで話は終わらない。

 

その日の夕方

ここ1ヶ月間
村長さんと契約を結んだのでジェティでのフィッシングを
しなかった漁師さん。

何故かその日に限ってやってきた。

 

その顔を見ると・・・

 

あ!あんた!
あんたデショ!?


(動揺していたもので・・・日本語になってない)

 

今日のスノーケリングのボートマンでした。

 

セキュリティを呼びとりあえずすぐに網を引き上げさせた。

10匹くらいの型の良いホソヒラアジがかかっていた。

 

その時点では理解した様子で帰って行ったが
どうやら夜中にもう一回やってきてごっそり魚を取っていったようで
翌日は全く桟橋の下に魚が居なくなってしまった。

 

 

こんなに居たヒメツバメウオも・・・トホホ
バリ人は食べるのかな?

 

 

翌朝、ビブレ君に桟橋掃除を頼むと

 

サトミサン!ティダアダ イカン ネ!!
(魚が居ない!)


そうなんだよ。
昨日の夜フィッシャーマンが網で獲っていったんだよ。


オオオ??
ノー グー フィシャーマン ネ!


誰だか知ってるか?
昨日のボートマンだよ。

 

オオ?
彼には獲っちゃ駄目だって言ったのに。

 

?????


ビブレさん、昨日ムンジャンガンで彼と何を話したの?

 

サトミさんがいつも潜ってるけど魚はいないだろ?
って聞かれたからいっぱい居る。アジとかギンガメアジとか
四角い魚とかスナッパーもいっぱい居るって言った。

 

ああ!?

 


あと、桟橋でフィッシングしちゃいけないって言った。

 

 

 

 

・・・・・・・・・お前かい。

 

社会のルールもわからない人に

目の前のご馳走を食べるなと言っても
そんなことは無理な話し。

(ここに居るのは皆大きな子供なんだから・・・。)

 

ビブレ、君だってそうだろ?

 

 

 

お願いビブレ君。

もう、何があっても

魚が居るって誰にも言わないで。

 

 

と言っても何で言っちゃいけないのかも

わからんだろうなあ・・・。

 

 

試練だア・・・。

 

 


nice!(0)  コメント(4) 

ビブレ君の苦悩 [バリ時代]

ビブレ君というのはGAWANAのたった一人のダイビングセンタースタッフ。

 ダイビングをするわけではない
もともとガーデナーだった彼は
私のGAWANA着任とともにダイビングセンター配属になったのです。

 

 ガーデナーの仕事は1日太陽の下で
草を刈ったりゴミを拾ったり結構重労働。
いつでも仕事が切れない。

ところが・・ダイビングセンターといえば
年末年始は死ぬほど忙しかったけど、
このところてんでやることが無い。

 

もともと働き者のビブレ君。

最初は言いつけを守ってお仕事をしていたがこの頃居眠りばかりしている。

 

この前のたった1人のゲストの時も・・・

 

 

どうしたの?なんで仕事しないの?


疲れた。


なんで?


タンク運んだから。


何本?


7本。 タンクは重いし大変なんだ!(切れ気味)


他に何したの?掃除もしてないし、桟橋も汚いままでしょ?


一人だと大変だからもう一人雇ってくれ。


何が忙しいの?


 わからないけどやる気が出なくて気がついたら時間が経ってる。


 体調悪いの?


 ここ2ヶ月ずーっとやる気が出ない。体がだるい。


・・・・・・・・。(なんだ怠け病かい)

 

 

 日本人の方は多かれ少なかれ体験したことがあるでしょう。

 忙しい時の方が体調が良かったり
仕事が進んだり、頭が回る。

逆に暇すぎると体調崩したり
仕事にやる気が出なかったり、要領よく出来なかったり・・。

 要はアレです。

 

 でも、バリ人のビブレ君。

今までにこういう経験が無いのか・・・
というよりこういう状況に陥る状況がなかったのか・・
自分の症状が把握できない。

 


わかったよ。暇だからこうなるんだよ。


違う。病気だからだ!
(明らかに怒っている)


 明日から私がやること決めてちゃんとチェックしてあげるよ。


 病気だから出来ない。


と言い張る。


なんで病気の自分に仕事を与える?
ひどい人だ!


としか思えないらしい。

 

 

 

 仕方が無いので気合を入れることにした。


英語を話せないあなたが
ダイビングセンターの仕事に就けたのは
体が丈夫でよく働くからでした。
病気で出来ないなら
他のガーデナーと仕事を変わってもらうしかない。

ごめんね。




実はこのリゾート結構厳しくて

使えないものはどんどん仕事を変えて
どの仕事もろくに出来ないものは辞めて頂く
というのが徹底しているのだ。


断然気合が入ったビブレ君。


今日は窓拭きを誰に言われることなくやっていました。

 


 人生!気合だ~!!


nice!(0)  コメント(4) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。