So-net無料ブログ作成
検索選択
丁稚居候時代 ブログトップ
- | 次の10件

パラオ拉致事件 [丁稚居候時代]

以前にカテゴリー「私って変」のところで書いたのですが
パラオに一目ぼれして居候してしまったことがあります。

本当にいいとこなんですよ。パラオ。

 

D・D と C・P と A・M  3箇所で働きました。
(わかるかな?)

ひとつひとつ面白い思い出はあるのですが

 

今日は強烈なのを・・・・

パラオで拉致されました(汗)

 嘘っぽいけど本当の話です・・・。

 

 

C・PとA・Mを卒業してD・Dに居候していた時に
友人がC・Pのコロールオフィスに来ていると聞いて
友人と2人でオフィスに遊びに行きました。

帰り、TAXIを呼ぼうとしたのですがボートマンのM君が送ってくれるというので

ラッキー

2人で車に乗せてもらいました。


友人は途中のデセケルで降りました。
私はパラオホテルの裏側にアパートを借りていたので

バイバ~イ!明日ね~!

と言ったのもつかの間。

 

キキキキ―!

 

・・・・・・え?
パラオホテルこっちじゃないでしょ?

 

速攻で連れ去られてしまったのです(涙)

で、どこに連れ去られたかって言うと・・・・

未だによくわからん。


とにかく山奥だった。

 

これは・・・・ヤバイ・・・・ヒエ~ 絶対絶命!!

と思っていると

 

いきなり紹介された。

「This is my house」


ほよ?

「This is my Father, and....that is mother....」

あ・・・そうかい。

「Can you marie with me?」



・・・・・・

あ・・い? (目が点)

そう、M君は勝手に私と結婚する気で両親のところへ
連れて行ったのです。
かなり真剣モード。

 

ひえ~どうしよう!!
(間違っても結婚しようか迷っているわけではない。)

とにかくこの勘違い野郎から逃げ出したい。
しかし・・・ここがどこだかもわからん。
一人で逃げきれるだろうか・・・・ひえ~

しどろもどろで

私はええとこのお嬢様なので両親に了解をもらわないとお付き合いしちゃいけないんだ。

とか

日本の両親に内緒で彼氏を作ったことが知れたらきっとお母さん自殺しちゃう。

とか

心にもないことを真剣な顔で言うと
とりあえず車に乗れと言われた。

神様!とにかく無事に帰らせて下さい(涙)

見慣れた道に帰ってきて少しほっとしたものの
かなり目が真剣なM君を見て

ヤバ!この状況をどうにか脱しなければ・・・
飛び降りるか・・・?

 

と、ふと横を見ると

A・Mのガイド君達の車が!!!

「助けて~~~~!!」

窓をたたきまくった!

 

さすがに普通の状況でないを感じたA・Mのガイド君は
車を前につけて無理やり止めてくれました。

止まったとたんに私は逃げ出しA・Mガイド君たちの
車に飛び乗りました。

そうして無事に最悪の状況から脱することが出来たのでした。


M君は苦し紛れに・・彼女とはPPRに一緒に泊まったことがあるなどど言い訳をしていたらしいです。

私がなんでそんな高いところにMをご招待しなくちゃいけないのよ!あほ!(怒)

 

今でも思い出すとドキドキしてしまう強烈な経験でした。
まじ、無事で良かった~(涙)

 

こんなことには全くめげず、失敗を糧にしながら今の私が出来上がっているというわけです。

だから可愛くないわけだ(笑)

 


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

西表青春時代 [丁稚居候時代]

今日は色っぽい話をひとつ・・・・

石垣丁稚時代、苦労も多かったですが、
楽しいこともありました。

恋してました~(笑)

まあ、10年以上経つし時効でしょう。

相手は例に漏れずガイドさんです。
・・・と言っても石垣のガイドさんじゃなくて西表のガイドさんでした。

自分で俺はスーパーガイドだ!と言う彼を
あの頃の純粋な私はマジで尊敬していました。

今思えば笑ってしまいますが・・・


彼が休みの時は石垣に遊びに来て、私が休みの時は西表に遊びに行くという感じで
石垣ではよく飲み歩きました~
(将来は店を持ちたいとよく話してたなあ・・・)

西表では良い子でした~(笑)

と言うのも彼にはちゃんと年上の彼女が居たので。
狭い西表では・・・ね。
私もそれを知っていて遊んでいたので・・・

 

要は私も馬鹿女でした~
今では鉄パン女と呼ばれていますが・・・



石垣での仕事が終るとそんなこともあって
西表のU崎に転がり込みました。
オフシーズンになっていた為仕事もあまり無かったのですが
ラッキーなことにクラブハウスのマスターが長期休暇
とる事になりその代わりに
クラブハウスのママをすることになりました。

 

いや~楽しかったです

昼間は行きたいときだけダイビングに行き、
夕方から仕込み、夜は飲み放題!?(時効よね)

なぜか売り上げが上がって社長
大西さん(私の事)の方がいいかも。と言われたこともありました。

ダイビングに行かない日は店をピカピカに磨き、
日当たりの良いところで昼寝したり、滝を見に行ったり、
サイクリングしたり・・・・
西表ライフを楽しんでいました。

 

ただ・・・・当たり前ですが、

彼とはほとんど遊ばなくなりました。
まあ、遠くに居たから遊べたわけで
彼女の手前、そういうわけには行かないわけです。

そんなこともあって、他のガイドさんと遊ぶことも多くなり
周りではそのガイドさんと出来ているって噂もあったみたいです。
まあ、その方が私にも彼にも都合が良かったんですけどね。

 

私が帰国・・いや帰宅する時に

これからどうする?

と言う話になった時に

彼女と結婚する。彼女はあの年だし俺しかいない。

とはっきり言われたときにはパニクリました。


・・・・私にはいっぱい居るってこと???
とか
やっぱり騙された~!
とか・・・・

今考えれば、いい訳もせずに誠実に答えてくれたんだな
と思いますが、あの頃はマジで落ち込みました。


そのショックが引き金になり
海外放浪が始まったわけですから。


彼は程なくその年上の彼女と結婚し、何年か後には語っていた夢の通りに石垣に店を持ったそうです。
今もやってるのかな?

遊びに行ったらビビルかな??(笑)

 


私がよく女性ゲストに
騙されてるよ~ とか 狙われてるよ~ とか
ちゃちゃを入れるのは私のそう言う経験の積み重ねから
来るもので、もてない女のひがみではないのですよ(笑)

 

そこのあなた!

ガイドに騙されていませんか???

 

な~んちゃって!!

 

・・・全然色っぽい話じゃなかったかな・・・(笑)


nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

気を取り直して・・・丁稚時代! [丁稚居候時代]

これで10回くらい書き込みしてるんだけど・・・

どうした?So-net!!!
もう一回駄目だったら・・・・寝る(涙)

 

丁稚時代の続きです・・・

あの頃の私は
車のガソリンが少なくなると・・とてもうれしかったです。
いつもチェックして少なくなると即!

ガソリン入れてきます~(喜)

とガソリンスタンドに直行していました。

それは・・・・

です。

 

?????(笑)

そのガソリンスタンドの休憩所!?には


「ゆで卵 ご自由にお召し上がり下さい」

とゆで卵が山盛りに置いてあったんです!!
貴重なタンパク源です!うれしかった~

 

しかも・・・

コーヒーも飲み放題。(お茶も)
勿論、ミルクと砂糖も・・・・・

 

天国ですう。

 

ガソリン満タンよろしく~!

と休憩所に駆け込み
コーヒーにミルクとお砂糖をた~っぷり入れ
(貴重なカロリー乳製品)
おもむろに2・3個の卵をガリガリとむき
うら若き乙女なのにむしゃむしゃと食べておりました。

コーヒーにゆで卵のハーモニー!?
贅沢は言ってられなかったです(汗)


ガソリンスタンドの人は変な女だと思ったでしょうね(笑)
結構今でも覚えてたりして

 

今考えると持って帰れば良かったジャン?

と思うのですが、あの頃の私は純粋だったので

お召し上がり下さいってことは
ここで食べなくちゃいけないんだ!

と思い込んでいてそんなことは思いつきもしなかった(汗)
とにかく1週間分のタンパク質を摂取することで
頭がいっぱいでした。

思い出のガソリンスタンドです。

 

また、石垣にはこんな私を応援してくれた人もいました。
写真を撮るのが趣味のおじさんで、
よく、仕事中の私の写真を撮ってくれました。
白黒でしたが、とてもいい感じの写真で・・・
(あれ?今どこにあるのかなあの写真!!)

どうやら脱サラしてか、引退してか
市場の近くだったと思うのですが
地下にあるお店でBARをやっている人でした。

見るからに・・・流行ってないBARで、お客らしき人を
ほとんどみた事ありません。
多分、趣味でやっていたんじゃないかな。

私が激貧なのを知って、仲間を集めて

カレーライスパーティをしてくれたり・・・・
500円玉一個で出世払いでいいよと言って
いろいろなカクテルを作ってくれたり・・・・

 

私の部屋にはコンロがなかったので暖かい料理って
食べれなかったんでカレーはすごくおいしかったし
カクテルなんて飲んだことないのに
目の前で作ってくれてとても楽しかったです。

・・・ってなこと言ってると
このおじさんとなんかあったろう?

なんて考えてる人いません?

このおじさんの店は私のような自分のやりたいことを
頑張っていて、でもお金がないって言う人がいっぱい
集まっていました。

おじさんはそんな人じゃなかったですよ。
(少なくとも私には。)

そろそろ・・・出世はしてないけど恩返しする時期かなとも思います。
仕事がちゃんと決まって落ち着いたら
石垣に行っておじさんに会いに行きたいなあ。

元気かな。。。

12年も前のことだけど。

 


nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今思えば楽しい丁稚時代 [丁稚居候時代]

いや~今日は沢山見てくれている人がいるみたいで・・・
ありがとうございます!

毎日書いてきて気がついたのは・・・
なぜか一番いろいろいろいろ・・・あった
デラワンの話が出てこないです。

まだ記憶が新しすぎて思い出にならんのかな?
つらい思い出ほど後で懐かしく思い出すって言うけど
まだ懐かしく感じないもんなあ・・・

今日はつらかった(今思えば楽しかった?)
丁稚時代の話をしたいと思います。

私が丁稚に出たのは・・・27歳の頃でした

この業界にしては、寄り道が多かったので遅い方で
雇ってもらえるところを見つけるのは大変でした。

しかも、最初は日本が良かったので
石垣周辺を探したのですが、
沖縄と言うのは学生がいっぱいで
タダ働きが普通みたいなところがあったので
27歳でイントラを持っている女の私なんか
使いにくいし、相手にされないわけです。

その中でたった1軒だけ
MAX石垣と言うところが雇ってくれました。

でも、背景がそう言うことですから・・・・

給料:8万5千円
家賃:4万5千円
飛行機代:1万5千円

と言うことで残りの
2万5千円で生活しなくちゃいけないわけですよ~(泣)
寮じゃなかったんでマジつらかったです。

そこで・・・

オーナーから小型炊飯器をしていただき・・・

その他のものは

ありったけの10円玉を公衆電話の上に置いて

「お母さん? 私 お米送ってお米!あと、味噌汁の素と梅干、卵スープとかスープの何でもいいから素素!あと、ふりかけと、梨も食べたいなあ、それと・・・・ガチャ

と電話が切れるまで喋り捲り
どこまで通じたかなあ・・とドキドキしつつ
食べ物が送られてくるのを待つのでした。

ありがたや・・・ありがたや・・・

ご飯さえどうにかなれば
おかずスーパー閉店前に安くなったおかずを買ったり
堤防で釣りしてるおじさんに笑顔を振りまき魚をゲットしたり
野菜はほか弁のサービスのサラダ100円詰め放題で漬物になるんじゃないか?っていうくらい詰め込んだり・・・

どうにかなっちゃうわけです。

あとうれしかったのは・・・

うちのショップはラッキーなことに
体験ダイビングもクルーザーでやるんですよ。
初心者とかノンダイバーって
結構船に弱い人多いじゃないですか~

そのうち

気分悪いんです・・・

と言われるんです。
そうするとラッキー!と思うわけです。
(今だから言える)

だってその人はランチ食べられなくなるじゃないですか!

一応、「持って帰りますか?」

とやさしく聞きます。
でも、石垣まで来て夕飯にお弁当食べる人なんか
いるわけ無いですから
「いいえ」って99%の人が言うわけです。

そしたら・・・


私の夕飯が浮くわけですよ!
内容によっては朝ごはんも浮くわけです。
いえい!

そうやって激貧を乗り越えていました。

あと・・・卵の話しとかいろいろあるんですけど
長くなっちゃったので明日にしたいと思います。

激貧も悪くないかも知れない・・
いつも、食べること、生きることを考えていました。
でも、少なくとも毎日退屈な日は無かった気がします。

今はだらしない生活してるなあ・・・・

 


nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感
- | 次の10件 丁稚居候時代 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。