So-net無料ブログ作成
検索選択

デブッチョ天国 [丁稚居候時代]

このブログもかなり長い事やっているので
すでに書いた事なのかどうかがよくわからなくなって来ている。

もしかして・・これって書いたかな?


気を取り直して・・・


西表にいた頃は
『モデルさんですか?』
な~んて言われるくらいそこそこ細かった私。

パラオでは

『もっと太った方が可愛いよ』

とパラオ人によく言われた。

石垣で食うに困って痩せてしまった私。

もともと細い方ではなかったけど
食べれるようになても頑張ってキープしていた私は
そんな言葉がなぜか逆にうれしかった。


(だからと言って太ろうとは思ってなかったけど)


当時は知らなかったんですが
あの国は太っている方が美人なんですよね。


朝食は忙しくてろくに食べられなかったし
仕事は重労働
昼食はお弁当
夕食はゲストと一緒に外食と言う毎日

太るはずがないのに・・・・


滅茶苦茶太った(笑)





その原因のひとつはランチタイム。
パラオでは、休憩する島がいくつかあるのだけれど
いろんなショップがそこに集まって昼食を食べる


お弁当を食べ終わり
例のお遊びが終わる頃・・・

『サトミ~!!Come!! Come!!』

いろいろとショップを渡り歩いている私には!?
パラオ人の知り合いが多い。


『サトミ!これ美味しい食べなさい』


『何?これ』


『家から持ってきたんだ芋で出来てる』


断るわけにもいかず、もちろん食べる


『サトミ~!スパムおにぎりあげるよ』


『いらないよ~』


『これ食べると可愛くなる。ほんと、食べなさい』

『はあ・・じゃあ、ありがとう・・・・』




と言う感じでとにかく周りからの差し入れがすごい。
毎日ランチのあとはお腹いっぱい地獄に陥っていた。

今、考えると・・・
もともと日本人離れした顔で色黒の私は
パラオ人のターゲットになりやすかったのかも:汗



ポイントから帰ってきてゲストをホテルに送り届ける。

ホット一息つきながら後片付けを始める。
その時に出てくるのは

バドワイザー

何しろ水より安いのだから
水代わりにバドワイザーを飲む。

パラオ人が持ってきたつまみも一緒に・・・・



家に帰っても
ウーロン茶なんて高すぎて買えないし
水よりも安いとなれば・・・

やっぱりバドワイザー

(ここで酔っ払い人生の道が開いたのです:汗)


太らないわけがない!



1ヶ月も経つと見事なパラオ美人が出来上がったのである。



今でも写真を見るとビビッてしまう・・・
でも、パラオ人にはかなり人気があった。



あの頃は楽しかったけど
あの体系にはもう戻りたくはない:汗






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。