So-net無料ブログ作成
検索選択

ビブレ君!お願い(涙) [バリ時代]

おととい、ビブレ君が行方不明になった。

朝、いつものように

サトミサ~ン グドモーニー

とたどたどしい英語で挨拶をして行ったのは覚えている。

 

 

10:00頃ダイブセンターに行くと
ドアや窓はしっかりオープン
(すべて開ける様に教えている)

よしよし。ちゃんとやってるね。
ビブレさ~ん!何処?マナ??


呼んでみるが返事が無い。

 

???おかしい。。。

 

 

しばらくするとセキュリティが来てこう言った。


ビブレはムンジャンガンに行った。



????・・・・っは??


スノーケリングのゲストと一緒にムンジャンガンに行った。
ゲストがインドネシア語がわからないからヘルプしに行った。



・・・・っは?


ビブレだって英語は話せない。
ま、セキュリティーに比べれば挨拶くらいは出来るけど・・。



フロントオフィスオーダー


いや、彼が行きたいと言って出発直前にボートに乗っていった。




 

・・・・はああああ?

 

要は今まで行きたくてもいけなかったムンジャンガン。
今日はガイドがつかないことを知って
(ガイド無し撮影のみのディスカウントゲストだった・・)
それを理由に自分がムンジャンガンへ
行きたかったらしい。

・・・。

そう言えば似たような話

前にも何度かあったなあ・・・。

(参照)思い出メモ:デラワン時代 ガイドの心得アシスタント編
     まあ、あの賢いANDYでも・・・・なんだから・・・・・はあ。

 

帰って来たビブレ君。

帰って来たとたんにマネージャーから大目玉。

ちょっとかわいそうだけど
仕方が無いよね。

何しろ社会のルールを何も知らない。

そうやって社会人が出来て行くのだから・・・。
(・・って子供も居るいい大人なんだけどね:笑)

 

 

・・・とここで話は終わらない。

 

その日の夕方

ここ1ヶ月間
村長さんと契約を結んだのでジェティでのフィッシングを
しなかった漁師さん。

何故かその日に限ってやってきた。

 

その顔を見ると・・・

 

あ!あんた!
あんたデショ!?


(動揺していたもので・・・日本語になってない)

 

今日のスノーケリングのボートマンでした。

 

セキュリティを呼びとりあえずすぐに網を引き上げさせた。

10匹くらいの型の良いホソヒラアジがかかっていた。

 

その時点では理解した様子で帰って行ったが
どうやら夜中にもう一回やってきてごっそり魚を取っていったようで
翌日は全く桟橋の下に魚が居なくなってしまった。

 

 

こんなに居たヒメツバメウオも・・・トホホ
バリ人は食べるのかな?

 

 

翌朝、ビブレ君に桟橋掃除を頼むと

 

サトミサン!ティダアダ イカン ネ!!
(魚が居ない!)


そうなんだよ。
昨日の夜フィッシャーマンが網で獲っていったんだよ。


オオオ??
ノー グー フィシャーマン ネ!


誰だか知ってるか?
昨日のボートマンだよ。

 

オオ?
彼には獲っちゃ駄目だって言ったのに。

 

?????


ビブレさん、昨日ムンジャンガンで彼と何を話したの?

 

サトミさんがいつも潜ってるけど魚はいないだろ?
って聞かれたからいっぱい居る。アジとかギンガメアジとか
四角い魚とかスナッパーもいっぱい居るって言った。

 

ああ!?

 


あと、桟橋でフィッシングしちゃいけないって言った。

 

 

 

 

・・・・・・・・・お前かい。

 

社会のルールもわからない人に

目の前のご馳走を食べるなと言っても
そんなことは無理な話し。

(ここに居るのは皆大きな子供なんだから・・・。)

 

ビブレ、君だってそうだろ?

 

 

 

お願いビブレ君。

もう、何があっても

魚が居るって誰にも言わないで。

 

 

と言っても何で言っちゃいけないのかも

わからんだろうなあ・・・。

 

 

試練だア・・・。

 

 


nice!(0)  コメント(4) 

nice! 0

コメント 4

スーツの、おしりがハートで、キスマーク付き (長文です)

お久しぶりです。
いろいろなところで、活躍されているようですね。
残念ながら、デラワンではお会いすることができませんでしたが、
その当時(数年前)、スタッフは、よく教育されていたと関心してました。
また、
バリの方面ですが、ムンジャンガンのミンピリゾートには数日滞在したことがあります。目の前?が、ジャワ島とは、その時知ったというお馬鹿さんです。
(サファリダイブの山田さんと同行)
ところで、バリの東岸、トランバンにて、沈船右側で、変わったウミウシを見ました。長さは12cmぐらい、水深は15から18mのところで、半透明の魚のようですが、背骨などはなく、目は、黒い点状のもの2個、象のような鼻が頭の上側にあり(鼻先は吸い付く)、背びれはクリオネの手のように動いて、泳ぐことができます。最初見たときも、中層を泳いでいましたが、得意では、ないようです。尾びれ状のものもついており、まるで、魚なのですが、ウミウシの鰓が尾びれの前についてありました。葛餅よりも透明だったので象鼻から鰓まで伸びた内臓も見えました。写真をとる前、水中で、山田さんに尋ねている間に、クマノミがイソギンチャクのえさとして運んでいってしまいました。サルパ?の類だろうとのことですが、師匠のyoshiさんとか、弟子のガルーダさんに聞いても、実際見てみないととのことでわからぬままです。
ひょっとして、バリでのダイビング中に遭遇しているのではと思い、
コメントのメールをしました。
by スーツの、おしりがハートで、キスマーク付き (長文です) (2007-06-04 00:09) 

satomi

スーツのおしりがハート・・って事はBCホースがホースですよね。
(暗号みたくなっちゃったかな:笑)

何でしょうね?
私も見てみないとよくわかりません。
トランバンは1度しか潜ったことないし、うちの方には・・いるかなあ??
12cmもあるってことは結構でかいですよね。

バリのホープの山田さんにわからないとすると
私じゃまだまだわからないと思います。
まだまだ修行中ですから。
by satomi (2007-06-07 21:30) 

お尻にキスマークで、ボロボロスーツ

もう一度行ってみる事にします。
でも、また見ることができるかどうか?
by お尻にキスマークで、ボロボロスーツ (2007-06-12 00:23) 

satomi

もし見ることが出来たら是非写真とって来てください。

そして見せてくださいね!
by satomi (2007-06-21 12:05) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。