So-net無料ブログ作成

師匠に出会う [丁稚居候時代]

バリにせっかく戻ってきたのに・・・・
ダイビングのタンクの手配をするのを忘れていて
潜れないので暇になっちゃいました。
・・なので更新しま~す!


パラオの続きですが・・・ちょっと話題を替えて

パラオ時代に会った私のガイドスタイルの師匠の話し

まだ、大物ばかりを追いかけていて
カメラもニコノスの15mmしか持つ気がなく
(マブールのときも15mmだけだったけど・・)
小物ダイビングはまだ巷でもしている人が少なかったあの頃

この人に出会ったのは私にとって
目からウロコでした。

その人はDay Dreamの時に居候させていただいた
私に帰らず頑張れ!と言ってくれた

トシさんです。

 

今では大分多くなりましたが・・・
潜る前に詳しいブリーフィング。
このポイントで見られる魚・・と言ってもパラオなのに


このポイントではなんと!ハナダイ5種みられま~す。

と言う感じ。

 

しかも水中には『せんせい』を持ち込み
(あの頃は水中ボードと言うのはなかったのでおもちゃのせんせいが主流でした)
一人づつ丁寧に魚を見せていきます。

 

最初は

 

へ~・・・ふ~ん・・

 

って感じだったのですが
ゲストの反応を見ているうちに

 

これからのガイドはこういう技も必要かも知れない

と感じました。


 

ただ、自分でも変に思ったのは・・・
トシさんのガイドスタイルにとても興味を持ったのですが
見せてもらった小物にはそれほど興味を持たなかった(笑)


それでも

ガイドはゲストの前を泳ぐ道案内人

だと思い込んでいた私に

ガイドはゲストに新しい興味をもたせ、教えられる人

にもなれると思わせてくれたトシさんを尊敬しました。


そして図鑑を愛読する日々が始まるのでした。

 

パラオでは結局そのガイドスタイルは実行できませんでしたが
後々マブールに行ってからそのガイディングスタイルが
大成されるのでありました。

 

今のガイディングスタイルは・・・またちょっと違うかな?・・・
それはまた後々お話します。

 

ちゃんちゃん!

 

あ~潜りたい!


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。