So-net無料ブログ作成

怒ったら怖いんだから~! [デラワン時代]

私怒ると怖いんです。

ゲストの皆様、

そう、そう!サトミさんは怖いよね(笑)

なんて笑いながら言ってません?
笑っていられるくらいの私の怒りは全然怒ってないです。
(ってそのくらいわかりますよね)


弟子のアンディやヘリはよ~く知っています。

私の怖いところ。

 

本当に怒ることはほとんど無いんです。
注意したり、怒っているように見えているときは安全。

怖いのは話さなくなること。
いじめじゃないですけど・・・完璧にその人を自分の中から排除しちゃうんです。
仕事の話はしますけど、表情はナシです。

しかも、どんな偉い人にも関係なく間違っていたならば怒ります。
同じように排除しちゃうんですよね。だから上司とも合わないのかな。


それを越えると・・・・

 

ひえ~思い出したくない~(笑)

 

 

 

越えたことが1度だけあります。


それはデラワンの時。

 


お馬鹿なマネージャーがいたのです。

デラワンのガイド(私の弟子を含む)にはDMのライセンスを持っている者が
一人もいません。
(スキルは私が教えたのであるのですが、オーナーの方針でライセンスはあげないと言うものでした)

それなのに・・・新しいゲストが来ると

ここはPADIの5スターリゾートです。

と勝手にブリーフィング。
(要はPADIも何も知らなかったりするが、他のリゾートで言っていたのを真似して言っているだけ)

 


よくわからないことを何でも知っているように話すわけです。
ゲストの方はマネージャーだと思っているので
嘘でも何でも信じてしまい
あとから問題が山積み。


最初の頃は私もやさしく「これは違うよ。」

と教えていたけど最後にはあきれ果てて・・・・。


自分のゲストに関係なければいいと放っておくようになりました。

 

 

 

そんなある日

お盆・・だったかな?

 

日本人のゲストが15人くらい
シンガポールからのゲストが15人くらい

珍しくゲストが沢山いる時でした。

 


夕食はバーベキュー

バーベキューを焼くすぐ隣に日本人席。
日本人の向こう側にシンガポール人席。

レストランチーフが

今日はロブスターのバーベキューもあるよ
沢山食べてね

と皆にインフォメーションしました。

バーベキューの煙がもろに日本人席にかかっていましたが
美味しいバーベキューが食べられる~
ということでゲストも納得。もちろん私も納得です。


そしてそろそろロブスターも焼け上がるころ

 

 

マネージャー登場。

 


あ、バーベキューはシンガポールゲストのリクエストだから
日本人は食べないで。


・・・・・はっ?


ごめん、ごめん、レストランに話すの忘れてた。
そう言うことだからサトミ、ゲストにインフォメーション宜しく。

 

・・・・・はっ?

 

英語が聞き取れていたゲストはすでに

え~、じゃ、私達は何を食べればいいの?

とざわざわし始めていました。

今日のメインはバーベキューなのでレストランもそれ以外のものは
サラダとデザートくらいしか用意していないのでした。
しかも、すぐ隣で焼いていて煙まで浴びているのに・・・
さっきまで食べてくださいって言ったのに今は食べちゃいけない・・・・

 

 

ぷっち~ん

 

何かが切れる音がしました。

マネージャーの手をとってレストランの裏に行きました。
(この時点でまだ彼は何を勘違いしたのかニタニタ笑っている)

 


馬鹿にするんじゃね~よ~!

お前何考えてんだよ?
女だと思って馬鹿にするんじゃねーよ!

 

日本語で怒鳴りました。
かなり大きな声だったので他のスタッフも飛んできました。


お前なあ、
日本人は何しても文句言わないと思ってるだろ?
常識で考えろ!
これはお前のミスだろ?
なんでうちのゲストがこんな思いしなくちゃいけないんだ?
謝れ! Say sory to my guest!!

 

 

最後だけ英語でしたが日本語で捲くし立てました。

変に英語を使ってしまうよりこの方が伝わりますからね。

まわりで見ていたスタッフが私が暴力を振るうと思ったのか
後ろから私を羽交い絞めにしました。

 

それでもさらに日本語で攻め立てたので

彼は後ずさったまま小走りで逃げていってしまったのです。

 

あの野郎~!

 

でも怒っている場合じゃない。

ゲストにどう対処すべきか・・・・・
もう一人のマネージャーに

これはどう考えてもリゾート側のミス。
それにすでにゲストは嫌な思いをしているんだから・・・

今日はロブスター以外のバーベキューを日本人にも食べさせて
明日、お詫びとしてロブスターを日本人にも出すことが出来る?

OK。 Tomorrow , Robster only for Japanese guest!


ひとまず商談成立。

半分、うなだれているゲストの所に行き

すみませんでした。
今日はロブスターなしですけど他のバーベキューはOKです。
明日、お詫びに日本人だけにロブスターを出すって言ってました。

とお詫びして・・・飲みなおしました。

 

そのときゲストが


でも・・日本人だけって事は、明日またシンガポール人が私達と同じ嫌な思いするわけでしょ。サトミさん、皆で食べた方が美味しいって伝えてください。シンガポール人にもあげてって。

このとき日本人ってさすがだな。と思いました。
シンガポール人はあの場面で日本人にも分けてあげてなんて
全くなかったですもん。

日本人でよかった。

 

話は戻り・・・・

翌日の朝、あの馬鹿マネージャーどうしたかな?と思ったら・・

 

なんと

 

 

朝暗いうちに荷物をまとめてボートをチャーターして
家に帰ってしまったそうです。

 

よほど怖かったんだろうなあ・・・苦笑

 

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。