So-net無料ブログ作成

そんあ殺生・・・な・・・・・ [デラワン時代]

昨日の続きです。

ある日ボートダイビングから帰ってくると・・・・

 

サトミ!FAX来てるよ。それと友達から電話だよ。
国際電話だから早く早く~!

 

あわただしくオフィスに呼ばれました。
電話に出るとタカコさんでした。


内容は知り合いにあのピグミーシーホースを見せたところ
とても興味を持ち、もし、新種であったら学名にsatomiaeにする
と約束してくれた。
だからFAXに書いてある通りにサンプルをとって直ちに送るように。

ということでした。


え・・・でもサンプルって・・・殺すって事だよね。
私には出来ない・・・。



でも、サトミさんがやらなかったら絶対に誰かがやる。
目の前で他の人にやられてもいいの?


 

んんん・・・・でも・・・よく考えてみる・・・。


はっきりしない返事をし電話を切りました。

 

丁度その頃、デラワンの販促ビデオの撮影でKAPPAさんが
いらしていました。
KAPPAさんに相談すると・・・


すごいじゃん。自分の名前がつくなら絶対やるべき。
何を迷ってるの。

 

だって捕まえて殺さなくちゃいけないんだよ。

 

サトミがやらないなら俺がやるよ。それで俺の名前付けてもらう。

 

・・・・・え・・・・・。でも・・・・・・私には捕まえられない(泣)

 

捕まえるのは簡単だよ。クリオネ捕まえるのと一緒。

 

????クリオネ?どうやって捕まえるの?

 

ペットボトル使うんだよ。

 

?????

 

ペットボトルをちょっとへこませて戻せばピュッと入っちゃうよ。

 

はあ~・・なるほどね。

 

やるの?やらないの?

 

・・・・やってみる。

 

そして翌日ペットボトルを持ってKAPPAさんと潜るのでした。

 

KAPPAさんが撮影した後・・・・

 

ピュッ   ピュッ

水流に乗ってかなりあっさりとペットボトルの中に
吸い込まれていきました。

おおお!かなり簡単に入るもんだな。

 

早く獲れよ


KAPPAさんがカメラを見ていた間に捕まえていたので
催促されました。


もう獲っちゃった。

とペットボトルを見せると


なんだ早いなあ~

 

ペットボトルを振らないように大事に両手で持って浮上しました。

 

次の関門は・・・・標本作り。

 

『氷の上などに置いて凍死させてください。』

あらかじめ作っておいた大き目の氷に窪みをつけて
2匹のピグミーシーホースを置きました。

 

ごめんよ~・・・(涙)


KAPPAさんのアドバイスで写真かビデオを撮っておいたほうが
いいと言うので、言われるがままビデオを撮りました。


(ビデオが・・・なくしちゃったかも・・・)

 

『凍死したものをアルコール○%のものまたはウォッカに浸した
ティッシュに包み形の崩れないケースに入れて下さい』

 

アルコール○%は見つかりませんでしたが
ウォッカはもちろん部屋にあったので(笑)それに浸して

ルディー・クーターに送りました。

 

数日後タカコさんから連絡

生態写真を送るように。


ほ~!良かった。ビデオ撮っておいて。


撮ってあったビデオとゲストに協力していただき写真を数枚
産卵の状況、生態についても説明を加えて
送りました。

そのころ丁度この子に似た

ジャパニーズピグミーシーホースやら
マナドで謎のピグミーシーホースが見つかっていたので
それと同じだったら名前は無理かも。


ここからは運だな。

 

送った後数ヶ月全く音沙汰が無かったので
もう忘れてしまっていました。

 

ところが・・・・・

明日に続く。

(引っ張りすぎだな。この話)


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。